中途覚醒とうつ病の関係性

 

最近ではうつ病は多くの人が悩む症状となっています。このうつ病との関係性睡眠不足が挙げられます。十分な睡眠時間が確保できる状態でも中途覚醒していては質の良い睡眠とはいえません。中途覚醒とは睡眠中に何度か起きてしまうような状態を指します。睡眠は人の肉体や精神にはとても重要です。この重要な睡眠の質が悪くなることによって肉体や精神に与える影響は大きく、この中途覚醒のような状態が続いてしまうとうつ病になる可能性があります。うつは、睡眠不足だけでなるわけではありません。大きな影響はストレスといわれています。人間関係、仕事の失敗、家庭環境など様々なことで日々ストレスを受けます。通常は、多少のストレスを受けても一晩寝るだけでこのストレスを解消でき、次への行動を起こすことができます。しかし、この睡眠が質が悪くなることによりストレスが解消できず、ストレスが溜まることで自律神経が乱れ体の様々な機能が働くなり、何に対しても行動できないような状態となってしまいます。このように睡眠はとても大切で、質の良い睡眠をするには食事や運動など生活習慣がとても重要です。睡眠を妨げるような生活習慣を見直し、日頃からストレスを溜めないような工夫をすることが大切です。

 

亜鉛サプリ